借金のイメージ

"借金、誰もがこの言葉は知っているとおり、他人・企業からお金を契約の元、借りることです。借金をするに至るには様々な状況などがあるため、一概に評価することはできません。
一般的に悪いイメージのしない借金となれば、住宅ローンを始め、車のローン、学生時代の奨学金などが挙げられるでしょう。これらの借金を仮に持っていたとしても、特に他人に対していうのが恥ずかしいということや、結婚後問題になるようなことはまずないかと思われます。
逆に悪いイメージの借金としては、サラ金と呼ばれる類のものでしょう。サラ金からお金を借りていると、身の丈に合っていないことをしてしまっているか、何かしら失敗をしてどうしようもなくなって借りているか、というようなイメージを持たれがちです。
あくまで主観が入るので番人にそれがいれるかといえば難しいところですが、そう思う方も多いかと思います。身の丈に合わないお金の使い方はしないほうが社会的イメージの点から考えても吉でしょう。"