ノー借金の快適淡々生活

"借金はしないほうが良いというのが個人的な意見です。

これは借金を経験したことがあるからこそ言える気持ちです。

ご利用は計画的に、という言葉は、お金貸し業者の決まり文句になりましたが、そもそも借金をする時点で、お金に対する計画性が無かったんだと、反省しています。

借りたお金は軽々つかいますが、
返すには倍以上の時間がかかるし、
当然高い利子を払う必要があります。
返す身分ですから貯金は出来ず、貯金の無い人間からは人も信用も去って行きます。

なかなか返せないとストレスもたまり、精神衛生上、よろしくありません。

これらの経験から、家や車のローン以外で、借金をすることをピッタリやめました。
財布がさみしいときは、節約して地元でつつましやかな生活を楽しむようにしています。
借金を作らない消費のしかたも身につけました。
贅沢がなくても借金がないことは快適です。

"