家のローンは立派な借金だと思います

もちろん、実際に家という商品が残っているわけですが、これと引き替えに残りのローンがなくなるわけではないのですから、家のローンも立派な借金だと感じています。かなり長期間のローンを組んで自宅を購入することが日本では当たり前になっていますが、そもそもちょっとおかしいのではないか、何故誰も疑問に感じないのかと思うほどです。車や家のローンを借金に数えない人もいるようですが、金額も大きいですし、私には借金だとしか考えられません。そんなわけで、マンションや持ち家があると言っても多くの人が借金を抱えているのであって、払い終わっていない限り自分の物ではないということを思うと、ちょっとさみしく感じもします。仕方ないのはわかっていても、日本はちよっと不思議な国ですよね。